世界の図書館からこんにちは

「世界中の図書館からこんにちは」では地球上の図書館・図書室のリポートを随時募集しています。

地元の図書館、旅行先で出会った図書館、あこがれの図書館など皆さん勝手に投稿してくださーい(勝手連ということで)
投稿先は、

hello.okesado.books [@] gmail.com

のメールアドレスにおねがいします。

 

わたしたちの必要な図書館・図書室の未来がみえてくるかも〜

2013年6月18日 投稿者:Jさん(訳者:Mさん)

図書室リポートスイスのイタリア語圏・ベリンツォーナ編

I like my library and I like spending time there to get inspired by books and to meet people.

It gives to me the opportunity to get in touch with informations, knowledge, experiences,

thoughts, dreams and visions from other human beeings. To me it feels like a window to

peoples of many different nations and cultures all over the world.

 

わたしの図書館。

わたしはここで過ごす時間が好き。

本に感化されたり、人に出会ったり。

ここに来ることで自分ではない人”の情報、知識、経験、思想、夢、ヴィジョンに触れることができる。

それはわたしにとって、国籍や文化の違う世界中のたくさんの人々につながる窓のよう。

 

スイス在住Jさんのコメントを新潟在住Mさんが訳して下さいました。

2013年5月29日 投稿者:Oさん

地球上のありとあらゆる場所から図書館・図書室リポート 沖縄編

先日、沖縄県今帰仁村中央公民館に立ち寄りました。

建物の設計は日本を代表する建築グループ、象設計集団。
東南アジアや中国・台湾を思わせる赤い壁面や柱(コンクリートに直接赤い塗装)、夏には植物が生い茂る屋上、市民?の手作りによる細部の装飾、開放的な屋内や中庭などが特徴的でした。
日差しの強さを遮りながら、建物の内外に風を通すことで、ひんやりとした静けさを感じることもできます。
また、あちこちに自由に休むことができる半屋外のフリースペースが設けられた(この日も、ベンチで昼寝しているおじさんがいました)、とても居心地のよい施設でした。

設計当初、小さな図書室が公民会内に設置されていたようなのですが、いまは使われていないみたい。残念。
(日曜で、職員の方に利用状況などうかがえませんでした)

建物の奥や中のほうではなく、屋外に近い場所に図書室があると利用しやすいし、ここで本を借りて、広場やフリースペースでのんびり読書すると、気持ちいいでしょうねー

以前、今帰仁村には図書館はなく、バスで30分近くかかる場所に本屋さんがあるだけだったそうです。
車を運転できる大人ならともかく、子どもにとっては、こういう場所にこそ図書館や図書室があってほしいだろうなあ。

便利な場所に住んでいたり、普段図書館を利用しなかったりする(そもそも本を読まない?)人たちにとっては、住む場所によっては本を自由に読むことが出来ない、という不平等が、よくわからないのかもしれないですね…

 

リンク:

株式会社 象設計集団 works 今帰仁村中央公民館

※地域の図書館をよくする会注:公民館の中に図書室があります。

6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:裏
6月6日の折り込みチラシ:裏

図書館「無人化・縮小」でなく充実を!