地域の図書館、図書室の縮小方向じゃなくって、充実・発展を!

地域の図書館、図書室の縮小方向じゃなくって、充実・発展を!で

教育委員会(教育委員長&教育長&社会教育課長)に申し入れ! 

 

 2014年度(平成26年度)になって、教育委員会の委員長と教育長、社会教育課長の人事がかわってので、改めて、「図書館再編計画」について、私たちの思いを伝えるために、懇談と申し入れを行いました。

 

(申し入れ文)

 

・・・以下、今回の申し入れにあたっての私たちの思いと考えです。

 

【現在の教育委員会の図書館再編計画】

 教育委員会(社会教育課)の方針は、市役所本庁舎が建設される平成31年までは、両津、真野、相川、小木、赤泊については、現状のままで、建設された段階で支所や行政サービスセンターに入れる。

 佐和田、新穂、畑野、羽茂は、本庁舎建設を待たずに支所や行政サービスセンターに移転する方向。(平成26年3月議会)

 

 これは、教育委員会の当初計画の「合理化・経費削減」の「行政改革計画」の縮小計画方向となんら変わっていないと大変、危惧しています。(申し入れ文)

 

1,今年度(4月から)、昨年、突然、張り紙1枚で無人化された相川図書室に専任を戻したり、図書購入費が200万円程度増額などなどの意見交換会で出された意見の方向が反映されましたが、教育委員会の地域の図書館・図書室を縮小する方向は、変わっていません。

2,昨年の市民との意見交換会などなどで、教育委員会の「図書館再編計画」は、手直しされたはずですが、意見交換会などを経て計画がどうなったのかということは、正式に市民には知らされていません。

3,もともと、教育委員会の「再編計画」は、本庁舎建設にあわせてすすめるもので、平成25年4月に突然、無人化された相川のように、すぐに行うというものではありませんでしたが、「佐和田、新穂、畑野、羽茂の図書館・室は、本庁舎の建設と関係なく、支所や行政サービスセンターに移転する」との明確な方向です。(専任体制をどうするかなど、明確に知らされていません。)

 これは、当初の計画の「合理化・経費削減」の「行政改革計画」の縮小計画方向です。

4,平成31年頃の本庁舎建設を待たずに、支所や行政サービスセンターに移転(入れる)するという、佐和田、新穂、畑野、羽茂の4つについては、利用者や地域の声を反映して決めるべきということが、大切です。(今回の、申し入れでは、この点を重視しました。)

5,教育委員会は、8~17億円の中央図書館建設については、「当面、見合わせる」とこの建設方向は、変えていません。

6,今年度、教育委員長、教育長、社会教育課長さんが、新しく交代されたということもあり、あらためて、市民の思いを伝えなくてはと考えました。

7,この広い佐渡市で地域にある図書館、図書室が発展・充実し、人づくり・地域づくりにも役立つものと考えています。行政と市民が知恵を出して、誇れるような図書館、図書室になるようにしたいと思っています。



申し入れ文書(クリックで大きく表示されます)

6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:裏
6月6日の折り込みチラシ:裏

図書館「無人化・縮小」でなく充実を!