2013年

6月

29日

看板のある風景6月29日

0 コメント

2013年

6月

28日

6月27日の教育委員会を傍聴してきました。

小林教育長・・・実状を知らない 「10も同じ図書館はいらない 一つは充実した図書館が欲しい」

続きを読む 2 コメント

2013年

6月

28日

看板のある風景6月28日

0 コメント

2013年

6月

27日

看板のある風景6月27日

佐渡図書館戦争は、じわじわとツイッターやフェイスブックでも話題になっていますが、文化の島 世界遺産を目指す島でまさかの!?図書館縮小・無人化計画がすすめられている!と、恥ずかしい~話題になっている!?今日この頃。

 

友人が本のイベントで一緒になった鎌倉の図書館司書さんと話をしていたら、佐渡島の図書館問題は全国の司書の間でも話題になってますよ!と聞いたそうです。

 

本日は13時30分より教育委員会が開かれます!図書館問題、どんなことが話し合われるか必聴ですね。


図書館ポスターめぐり本日の写真は、その1、羽茂の看板にかわいい落書きが!!その2立派な掲示板は赤泊です。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

23日

図書館(室)を行革でなくさないでポスターキャンペーン中

佐渡市内各所にポスターがバシバシ掲示していただいております。
島内どこへ行ってもみなさん協力的で関心が高い!
知らない人にもっと知ってもらいたい!というお店の方々の想いも聴きましたよ~

文化の島・世界遺産を目指す島が図書館縮小・無人化とは恥ずかしいですよ~
市長さんもご自身で「恥ずかしい」とおっしゃっておりましたが、町中に貼られたポスターをぜひ御覧になっていただきたいです。

意見交換会の声、各図書館・図書室に設置された意見箱の声、佐渡市長へのはがき200通のメッセージ 無視しないでください。
私達は、まだまだ声をあげていくつもりです!

 

写真の掲示場所は以下です。
その他にも写真が用意出来次第アップしていきます。

 

・新穂地区2箇所
・金井地区
・真野地区

 

※写真はありませんが、

・相川地区まつきやさん

・相川地区キングさん

にも掲示していただきました。

ありがとうございます。


続きを読む 1 コメント

2013年

6月

18日

ポスターできました!

佐渡在住えこなイラストレーターさんに図書館問題ポスターを作成していただきました!

 

これから佐渡中に貼りまくろうかと思います~

 

ここにも貼りたいという方は
ご連絡くださいませ。
続きを読む 0 コメント

2013年

6月

17日

佐渡市長 甲斐元也さまにお葉書を書きました

佐渡市長 甲斐元也さまに、
み〜んなで お葉書を書きました。 
かもめーるで、図書館・室へのおもいを佐渡市長に続々とどけましょうー 

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

13日

羽茂図書室を利用して

 

意見交換会の羽茂会場で教育委員長宛に読まれた作文です。本人の許可を得て紹介します。

 

------------------------------------------------------------

 

 私は現在羽茂に移住して三年目になります。

夫と二歳の息子との三人暮らしです。

住み始めた当初はこの町のどこに図書館があるのか分かりませんでした。

 

しかし当時息子を出産して間もなかった事もあり、

育児関係の本を読みたくて友達に教えてもらって

羽茂の図書室に連れて行ってもらいました。 

 

 入っての第一印象は「狭いな・・・」。

正直、地元も含め今まで行ったどの図書館よりも小さく、

羽茂という町の大きさに対して

「図書館」ではなく「図書室」という規模に驚きました。

公民館の中の一室という事にも閉鎖的な感じを覚えました。

元々今まで図書館という施設に縁遠かったのと、

移住して間もなかったこともあり、

膨大な本の中でどうやって読みたい本を探していいのかよく分からず、

「誰この人?」という目で見られているような気さえしてきて困惑してしまいました。

 友達が親しげに司書の高野さんという女性とお話していたので、

私も思い切って読みたい本の名を告げあるかどうか聞いてみました。

高野さんはすぐに調べ予約を入れ

、金井の図書館から取り寄せてくださいました。

 

私は初めてその時、

佐渡中、はたまた新潟の図書館、図書室の連携が取れていて、

ここに無い本は他の場所から取り寄せてもらえるという事を知り、

すばらしと思いました。

そして、手元にその本が来た時とても嬉しかったのを覚えています。

 

 現在息子は2歳になり絵本が大好きです。

今は夜寝る前の読み聞かせが日課になっています。

息子も喜んで図書室へ行き、

行くと必ずテーブルの席で絵本を読んでとせがみます。

気に入ったシリーズを見つけると何冊も借りて、

毎日何回も何回も読んでいます。

高野さんが「借りたい本があったら予約入れるんで言ってくださいね。」

と気さくに話しかけてくださり、

予約すると数日後電話で

「予約の本が入ったんでいつでも来てください。」と声掛けしてくださいます。

 

夕方図書室に行くと、

学校帰りの子ども達がお迎えを待ちつつ宿題をしたり友達と楽しそうににシールブックにかわいいシールを貼っていたりする微笑ましい光景に出会い、

おしゃべりが過ぎる子達にはきちんと高野さんが注意しています。

 

 私は今までなぜ図書館が縁遠かったかというと、

あまりの広さと本の多さに本の探し方が分からなかったのと、

静かにしなければいけない場所というイメージがあったからです。

 

 でも羽茂図書室は、

高野さんの方から話しかけてくださるのでこちらも聞きやすいし、

地域の図書室を有効に活用できているという喜びを感じます。

お迎えに来る保護者の方々も、大人が一人いてくれることで安心だと思います。

息子が本を乱暴に扱った時などは

「みんなが読む本だから大事に読んで返そうね。」というと、

実際図書室に沢山の子どもたちが通っているのを見ているので納得するような気がします。

 

 我が家の子育てにとって羽茂の図書室はなくてはならない存在です。

小さいけれど、これほど温かく親しみやすい図書室に出会った事はありません。むしろ今はこの小さな空間だからこそ高野さんの目も行き届き、

利用者も親近感を感じるのではないかと思います。

 

 図書室がこんなに子育てに密接に関わっている場所なのだと、

私自身子どもを育てる中で初めて実感しました。

妊娠中や小さいお子さんをお持ちのお母さんは、

長距離を運転して中心部の図書館に行って帰ってくるのは大変な事です。

また、育児で息が詰まりがちなお母さんは図書室に行って司書の方や利用者とお話することで気分転換にもなると思います。

 

 どうか地域の図書館、図書室を今まで通り、それ以上に心を通わせられる生きた場所として活用して行けますよう願っております。

 

------------------------------------------------------------

 

2 コメント

2013年

6月

13日

手描きポスターを貼ってくださる方募集!

手描きポスターを貼ってくださる方募集! 
連絡くださいませー 

 

まだまだかきます ! 
うわさの「はひふへほん」も登場!

 

1 コメント

2013年

6月

08日

6月7日の話し合いについて

先日の投稿にも書きましたが

5月30日の申し入れの帰り際、

社会教育課課長より図書館整備計画の見直しに、

2つの会から意見を開きたいという提案をいただいていました。

 
市民との各地区での意見交換会が終わった直後でもあり思案しましたが、

意見交換会後の27日の教育委員会で十分市民の意見が議論されていなかったということもあり、

少しでも意見交換会での声を届けられたらいいなと考え、了承しました。

担当課長の都合のよい日ということで
5月7日(平日の午後ということで皆時間のやりくりをして集まりました)に出かけて行きました。

会議では、いるはずの社会教育課課長が不在でした。

館長と中央図書館司書のふたりとお話しましたが、

課長が来るのを2時間以上待って話をせず帰ったメンバーもいました。


館長は誠意のある対応をしてくれましたが、

その場の責任者である課長は最後まで、いらっしゃいませんでした。


その場にいた館長と中央図書館司書のおふたりには、

意見交換会で出た意見のまとめ、

縮小しないでほしい!

行革枠外で見直して欲しい!

とりあえず縮小前の24年度人員配置に戻ったところで考えて欲しい

という要求をまっすぐに伝えました。

0 コメント

2013年

6月

08日

ハガキをいただきました、

新聞折り込みを見た市民の方からハガキをいただきました。

内容をここへ掲載させていただきます。

 

--------------------------------------------------------------------

今朝の新聞折り込みを読みました。

近くに本屋さんがないから地域の図書館んはとても便利、ありがたい存在です。

ゆっくり、好きな本を選ぶ時間、家でくつろいで本を開く時間は、幸せな、大切な時間帯です。

自分にとって読書と図書館は切り離せません。

本のことで司書の方からていねいに教えていただくこともありがたいです。もし、今の方向で佐渡の図書館が変っていくとしたら大きな大きな損失です。

ゆりかごから墓場まで生涯学習の充実や社会教育の必要性が叫ばれる昨今、

時代の流れに逆行するような図書館行政はよく考える必要はあると思います。

どうか市民の声をよく聴いてもらいたいです。

署名活動など大々的に取り組んでほしいです。

 

--------------------------------------------------------------------

 

ご意見ありがとうございました。

 

0 コメント

2013年

6月

06日

6月7日に意見・提案を伝えに行きます

「地域の図書館をよくする会」は、

5月30日に教育委員会に「申し入れ」を行った際、

 

社会教育課課長から、

「議会が始まるまでに2つの市民団体から図書館運営についての意見や提案を聞かせていただきたい」

というお話をいただきました。

 

それを受けて、

 「地域の図書館をよくする会」は、

6月7日に話し合いに行ってきたいと思います。

0 コメント

2013年

6月

06日

真野地区の「えんや」さん

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

04日

6月6日に全島新聞折込します

「地域の図書館・図書室は充実・発展を」と題した、

表裏2ページのチラシを6月6日の新聞に折込予定です。

 

内容は以下となります。(クリックで拡大します)

 

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

02日

意見文

今回の図書館縮小に対して、抑えきれない想いがあり、名前をだしてでも意見を寄せたいということで、意見交換会に出席し、教育委員会へ提出された意見文を紹介します。

 

(以下に画像として貼り付けます。クリックで拡大します)

続きを読む 1 コメント
6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:表
6月6日の折り込みチラシ:裏
6月6日の折り込みチラシ:裏

図書館「無人化・縮小」でなく充実を!